草菴(草庵)釣りバカスタッフ長岡の、おさかなプチ情報~鮎

こんにちは!

出雲・湯の川温泉 草菴(草庵)釣りバカスタッフ「長岡康夫」です。

今回は、今年もこの季節がやってきました!「アユ」についてご紹介いたします。

アユは、実際は回遊魚!?

日本で代表的な川魚ですが、実は、川と海を回遊する「回遊魚」です。

秋に河川の河口付近で孵化した仔魚が、海でプランクトンや、小海老など、動物性の餌を食べて育ち、春に河を遡上してから食性も変わり、岩に付いている藻を食べるようになり、歯の形状や、体色も変わっていきます。

アユの漢字表記について

香魚

アユは、香りが良いことから「香魚」の名が付いています。
一般的に、スイカや、キュウリに似た独特の香りがすると言われていますが、
食べ物の影響を受けるため、育ち方や、場所で香りが異なります。

神功皇后(じんぐうこうごう)が戦勝祈願として釣り上げた魚が「アユ」であったため、「魚」偏に「占う」で「鮎」と付いたとされます。
また、「鮎」という字は中国で「ナマズ」を意味し、諸説はありますが、「地震を占う魚」であるという由来もあります。

島根県のアユの産地

地元の清流「斐伊川」

島根のアユの産地としては、「日本一の清流」にも選ばれた「高津川」のほか、「江の川」、「神戸川」、「斐伊川」が挙げられます。

出雲での鮎釣りの様子 (かめや釣具 出雲店 提供)

このような、本格的な釣りでなくても、手軽に楽しめるスポットもありますよ!
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

男をあげる!体験型出雲旅編~草菴スタッフがおすすめする島根観光モデルプラン◇その1



斐伊川産活鮎の塩焼き付きプランの詳細はこちらから

【斐伊川産活鮎】旬の味覚★鮎の塩焼き付きプラン【期間限定】

湯の川温泉 草菴ギャラリー

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

《最新の写真は公式Instagramで更新しています》
草菴公式Instagram

・草菴(草庵)ってどんな宿?と思った方、詳しくはこちらをご覧ください。
日本三美人の湯 出雲・湯の川温泉 草菴(草庵) への誘い
・草菴(草庵)オンラインご予約はこちらから。
オンラインご予約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする