湯宿・草菴

寛ぎの湯 柔らかな湯と人の温もりが創る安らぎ。悠久の背に思いを馳せ、心穏やかな時を過ごす。
貸切風呂「岩風呂」
貸切風呂「石風呂」
古民家離れの宿「庄屋・半露天風呂」
紫雲閣「政・半露天風呂」
紫雲閣「仙・半露天風呂」

出雲神話が息づく「日本三美人の湯」。源泉掛け流しの湯は全て貸切、ゆったりのんびり。

ここ湯の川温泉は、川中温泉(群馬)、龍神温泉(和歌山)と並び「日本三美人の湯」として知られています。
草菴のお風呂はすべて源泉かけ流し。貸切でご利用できますので、ごゆっくりのんびりとお寛ぎください。
※源泉からの温泉を、そのまま浴槽に供給しております。加温・加水・循環は一切行っておりません。

*湯の川温泉効能
・ 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺 ・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病 ・痔疾
・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進 ・きりきず・やけど慢性皮膚病 ・虚弱児童・慢性婦人病・動脈硬化症
《泉 温》50.2度 《湧出量》413L/min
《泉 質》ナトリウム・カルシウム・硫酸塩・塩化物泉・知覚的試験:微白濁無臭H2S・PH値:8.40・ラドン
(Rn)含有量:8.95×10CI/kg ・ 密度:1.00077(4℃) ・ 蒸発残留物:1.761g/kg(110℃)

出雲地方産出の来待石の貸切風呂

出雲地方産出の来待石を使った貸切風呂

浴槽に出雲地方で採掘される来待石を使用した切り出しのお風呂です。独特の肌合いが柔らかな美人湯にしっとりと馴染みます。もちろん源泉掛け流し。壁面には瓦を埋め込み、遊び心を演出しました。天井からの自然な優しい光に照らされて、ゆったりと心からお寛ぎください。

美神の宿る幻想的な空間、両縁の湯「瓢」

美神の宿る幻想的な空間、両縁の湯「瓢」

瓢箪を象った石造りの浴槽にステンドグラスから優しく降り注ぐ光が幻想的なお風呂です。瓢は“ひさご”、“ふくべ”とも呼ばれ、福を招くその形は上下に円く角がない「両縁結び」を現しています。殊に女性に嬉しい細やかさが行き届いたしつらえと柔らかな美人湯で、体も心もほぐれる至福の時をお過ごしください。

4つの風情が楽しめる貸切風呂

緑の杜で、新たな癒しに心委ねて・・・
4つの風情が楽しめる貸切風呂

自慢の岩風呂、石造りの露天風呂、桧の半露天風呂、柔らかな肌触りの漆(うるし)風呂、目の前に広がる美しい庭園を眺めながら、それぞれの風情をゆったりとご堪能ください。

「紫雲閣」半露天風呂付客室1「紫雲閣」半露天風呂付客室2

緑深き山懐に佇む至福の宿、新客室棟「紫雲閣」の半露天風呂付客室

2012年オープンの新客室棟「紫雲閣」では、1階に専用半露天風呂を備えた広々とした 客室を3室ご用意しております。 木の自然な香りに癒されるヒバ造りのお風呂、なめらかな 風合いでお肌に優しい石造りのお風呂と、それぞれのお部屋で違った風情をお楽しみいただけます。 どの浴室も専用のウッドテラスとプライベートガーデンを備えており、夜間には ライトアップされ旅情もひとしお。心行くまで美人湯をご堪能ください。

宿泊棟「紫雲閣」の詳細はこちらへ >>>

「古民家離れの宿」半露天風呂付客室1「古民家離れの宿」半露天風呂付客室2

自然の中で優雅な時を過ごす、「古民家離れの宿」半露天風呂付客室

2008年にオープンした離れの客室では、それぞれ専用の広々とした露天風呂を備え付けております。古民家の持つ独特の優しい空間と自然の美しさを堪能しながら、ひと味違う開放感とやすらぎをお楽しみください。天保の浴室では「来待石(きまちいし)」を浴槽に使用し、床には竹を敷き詰めています。来待石は島根県宍道町周辺でしか産出されない石で、昔から住宅建材や石灯籠の原材料として利用され、浴槽として使用しているのはここ草菴だけです。庄屋では珍しい韓国レンガを使用した浴槽に、壁はベンガラ漆喰で仕上げております。どちらも広々としたプライベートなお庭とテラスを備えており、リビング感覚で寝そべりながらゆったりとおくつろぎいただけます。

宿泊棟「古民家離れの宿」の詳細はこちらへ >>>