草菴(草庵)スタッフ池田の、国宝・松江城を語る~その1

こんにちは!草菴(草庵)スタッフ「池田康弘」です!

今回のシリーズは、

たくさんの方に松江城の魅力を知っていただきたく、始めさせていただきました!

お城好きの方も、そうでない方も、どうぞ見て行ってごしない!(見て行ってください!)

出雲神話の語り部ばーずこと、出雲神話検定上級保持者である草菴(草庵)スタッフ池田康弘が、おおくりする、新シリーズとは!

「松江城を語る」

2015年(平成27年)に国宝に指定

2015年(平成27年)7月8日、松江城は国宝に指定されました。
それまでは、重要文化財でした。

◆国宝に指定されたもの◆

松江城天守 1棟
附(つけたり)として
祈祷札2枚(慶長16年正月吉祥日)
鎮宅(ちんたく)祈祷札4枚
鎮物(しずめもの)3点(祈祷札1、槍1、玉石1)


「松江城天守は、中国地方に唯一残る荘重雄大な四重五階の天守である。
最近になって発見された二枚の祈祷札から、慶長16年(1611年)の完成が明らかとなった。
通し柱による構法などの独自の建築的特徴を有し、近世城郭最盛期を代表する建築として極めて高い価値がある。
防御性を重視した中世山城から、高層化して近世都市の基軸へと発展してきた我が国の城郭文化の様態をあらわしており、深い文化的意義がある」

文化庁発表より 一部抜粋


松江城天守が国宝指定されるのは2度目!?

実は、松江城天守が国宝指定されるのは、2度目です。
これは、あまり知られていませんよね。
1935年5月、国宝保在法により、国宝指定されていましたが、
1950年5月、文化財保護法の施行により、「重要文化財」に位置づけられた、という経緯があります。

今回の指定は、なんと「63年ぶり」の国宝再指定でした。

1951年、1955年、1959年には、松江市が国に国宝指定の陳情を行っていますが、その度に国からは、「新たな発見が必要」と回答がありました。

つまり、、、
今回の再指定がかなったのは、
「新たな発見」があり、それが国に認められたからなのです。

その「新たな発見」とは、、、?
次回、乞うご期待!!


草菴(草庵)では、春のご滞在企画として、松江城天守登閣チケット付きプランをご用意しています。
ぜひともこの機会に、ご利用ください!

出雲・湯の川温泉 草菴(草庵)オンラインご予約