温泉ソムリエが語る 出雲・湯の川温泉の泉質について~まとめ

こんにちは!

出雲・湯の川温泉 草菴(草庵)「温泉ソムリエ」内田奈緒子です。

出雲・湯の川温泉がいかに優れた美人の湯であるか、3回に分けてシリーズでお伝えしてきました。

今回は、そのまとめをしたいと思います。

1、硫酸塩泉である

出雲・湯の川温泉の温泉成分表を見てみましょう。
「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉」との記載があります。
美人湯と呼ばれる泉質の条件としては、
「炭酸水素塩泉」
「硫酸塩泉」
「硫黄泉」
この三つの泉質のいずれかに当てはまるかどうか、ということがあります。
「硫酸塩泉」が当てはまっていますね!

この、「硫酸塩泉」には、お肌を若返らせる効果があります!いわゆる、「アンンチエイジング」のお湯ですね。

2、塩化物泉である

もう一度、出雲・湯の川温泉の温泉成分表を見てみましょう。
「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉」との記載があります。
次は、この「塩化物泉」に注目です!

個人差はありますが、一般的に美人湯は、入浴中は肌に水分が入っていきますが、
入浴後急激に水分が肌から抜けていくとされています。
このことから、入浴後はなるべく10分以内に保湿剤を塗るのが良いとされています。

しかし、湯の川温泉は、「硫酸塩泉」であると同時に「塩化物泉」でもあります。
この「塩化物泉」には、「保温・保湿」の効果があり、湯の川温泉は、保湿剤要らずの温泉であるということになります。

3、pH8.4(弱アルカリ性)である

美人湯の条件として、pH値が7.5以上あることという項目があります。

しつこいようですが、出雲・湯の川温泉の成分表を見てみましょう。
出雲・湯の川温泉は、pH8.4の「弱アルカリ性」です。

「弱アルカリ性」の温泉は、適度に皮膚の汚れや角質を落としてくれます。
湯上りに「つるつる、すべすべ」な感覚がするのはこのためです。

いかがでしたでしょうか?

出雲・湯の川温泉には、このような3つの大きな特徴があります。

私たち草菴は、この恵まれた温泉に感謝し、限りある資源を大事にしながら、お越しになっていただく皆様に気持ちよく温泉を楽しんで頂けるよう、
日々精進していきたいと思っております。

是非、出雲・湯の川温泉に一度お入りいただき、そのお湯の良さを皆様のお肌で実感してください。

湯の川温泉 草菴ギャラリー

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

《最新の写真は公式Instagramで更新しています》
草菴公式Instagram

・草菴(草庵)ってどんな宿?と思った方、詳しくはこちらをご覧ください。
日本三美人の湯 出雲・湯の川温泉 草菴(草庵) への誘い
・草菴(草庵)オンラインご予約はこちらから。
オンラインご予約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする