【島根観光】出雲大社での神在月・神在祭について

こんにちは!出雲神話の語り部ばーずこと、出雲神話検定上級保持者である、
草菴(草庵)スタッフ池田康弘です。

本日は、出雲大社での「神在月」「神在祭」についてお話させて頂きます。

出雲大社での「神在月」について

一般的に、旧暦の10月は「神無月」と呼ばれています。
ですが、出雲だけ、「神在月」と呼ばれていることをご存知ですか?

これは、出雲に全国の神々が旧暦10月にお集まりになるという伝承から、
出雲だけ「神在月」と呼ばれるようになったと言われています。

※「神迎祭」を行っている神社は出雲大社だけでなく、そのほかにもあると言われています。

八百万神をお迎えする「神迎祭」

稲佐の浜

旧暦10月10日に国譲り神話の舞台となった稲佐の浜で、
全国からいらっしゃる八百万神をお迎えする「神迎祭」が行われます。

2018年の出雲大社の神迎祭は11月17日(土)午後7時より行われます。

旧暦の翌10月11日から17日まで、神々が様々な会議をなさる「神在祭」が行われます。

出雲大社や、稲佐の浜にある上宮(かみのみや)などで、祭りが行われます。
その間、神々は本殿の東西にある十九社(じゅうくしゃ)で寝泊まりされます。
「誰と誰を結婚させるか?」という、縁結びの会議もこの間に行われます。

神々を見送る「神等去出(からさで)祭」

旧暦の10月18日には拝殿で、各地にお帰りになる神々を見送る「神等去出(からさで)祭」が行われ、「神在祭」は終わります。
2018年の出雲大社の神等去出祭は11月24日(土)午後4時より行われます。

2018年 出雲大社神在祭日程

2018年11月

17日  神迎祭 午後7時
18日  神在祭 午前9時
出雲大社教龍蛇神講大祭 午前11時
22日   神在祭・縁結大祭 午前10時
23日   献穀祭 午前10時
古伝新嘗祭 午後7時
24日   神在祭・縁結大祭 午前10時
神等去出祭 午後4時

出雲大社ってどう行くの?おすすめアクセス

出雲大社、行ってみたいけどどう行けば良いのかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ご一読ください。

【出雲大社までのおすすめアクセスまとめ】4つのアクセス方法をご紹介


◆あわせて読みたい◆
出雲大社(いづもおおやしろ)の基礎知識

出雲大社(いづもおおやしろ)の建築について

出雲大社神楽殿の大注連縄(おおしめなわ)について

出雲大社の参拝についての豆知識

出雲大社での神迎祭の日(11月17日)だけの限定プラン

草菴では、11月17日(土)に出雲大社の神迎の神事へお出掛けになる方のために、
1日だけの限定プランをご用意しております!
草菴(草庵)公式オンラインご予約でのみの販売となります!
ぜひ、チェックしてくださいね!