出雲大社神楽殿の大注連縄(おおしめなわ)について

こんにちは!
出雲神話の語り部ばーずこと、出雲神話検定保持者である草菴スタッフ池田康弘です!


今回は、出雲大社の神楽殿にある、大注連縄(おおしめなわ)についてお話をさせていただきます。

日本有数の大きさの注連縄

出雲大社神楽殿の大注連縄の大きさ

  • 長さ 13.5m
  • 重さ 4.4t

であり、日本有数の大きさを誇ります。
きっと、一度はこの大注連縄の様子を映像や写真でご覧になったことがあると思います。
出雲大社といえば、この神楽殿の大注連縄を思い浮かべる人が多いといえます。
また、この神楽殿だけではなく、本殿にも注連縄があります。

出雲大社本殿の注連縄の大きさ

  • 長さ 6.5m
  • 重さ 1t

有名な神楽殿の大注縄で目立ちませんが、出雲大社本殿の注連縄もかなりの大きさがあります。

出雲大社の注連縄の特徴

出雲大社の注連縄には、大きな特徴があります。
一般的に、注連縄は神様に向かって、右方を上位にして綯うそうですが、
出雲大社では、古来よりその逆、左方を上位、右方を下位として綯う習わしがあり、
「大黒じめ」と呼ばれています。

注縄ひとつをとっても、出雲にまつわる不思議な習わしがありますね!

出雲大社ってどう行くの?おすすめアクセス

出雲大社、行ってみたいけどどう行けば良いのかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ご一読ください。

【出雲大社までのおすすめアクセスまとめ】4つのアクセス方法をご紹介


◆あわせて読みたい◆
出雲大社(いづもおおやしろ)の基礎知識

出雲大社(いづもおおやしろ)の建築について

出雲大社の参拝についての豆知識

湯の川温泉 草菴ギャラリー

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

《最新の写真は公式Instagramで更新しています》
草菴公式Instagram

・草菴(草庵)ってどんな宿?と思った方、詳しくはこちらをご覧ください。
日本三美人の湯 出雲・湯の川温泉 草菴(草庵) への誘い
・草菴(草庵)オンラインご予約はこちらから。
オンラインご予約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする