出雲大社(いづもおおやしろ)の建築について

こんにちは!
出雲神話の語り部ばーずこと、出雲神話検定保持者である草菴スタッフ池田康弘です!


今回は、出雲大社の建築についてお話をさせていただきます。

出雲地方独特の神社建築

出雲大社の本殿は「大社造」と呼ばれる、出雲地方独特の神社建築です。

地面から床までの高さが非常に高いという特徴があります。

出雲大社の高さ

現在の本殿は、1744年(延享元年)に建てられたもので、
高さは8丈(約24m)あり、
神社としては、日本有数の高さがあります。

また、平安時代には16丈(約48m)、それ以前には32丈(96m)
の高さがあったという伝承があります。

16丈説、32丈説には、説話がいくつかあり、様々な考証もなされていますが、
いずれも確証には至っていません。

しかし、古来から、破格の高層建築であったことには、間違いありません。

出雲大社の本殿へお出掛けになったら、その高さに圧倒されますよ!
ぜひ実際にご覧になっていただきたいものです。

出雲大社ってどう行くの?おすすめアクセス

出雲大社、行ってみたいけどどう行けば良いのかな?
そんな疑問をお持ちの方は、ご一読ください。

【出雲大社までのおすすめアクセスまとめ】4つのアクセス方法をご紹介


◆あわせて読みたい◆
出雲大社(いづもおおやしろ)の基礎知識

出雲大社神楽殿の大注連縄(おおしめなわ)について

出雲大社の参拝についての豆知識

湯の川温泉 草菴ギャラリー

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

《最新の写真は公式Instagramで更新しています》
草菴公式Instagram

・草菴(草庵)ってどんな宿?と思った方、詳しくはこちらをご覧ください。
日本三美人の湯 出雲・湯の川温泉 草菴(草庵) への誘い
・草菴(草庵)オンラインご予約はこちらから。
オンラインご予約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする